帰ってくる人、待ってる人がいるということ。

f:id:tsushimamiyuki:20180213154053j:plain

みなさんは、お酒を飲みますか?

お酒が好きですか?

 

わたしはお酒が好きです。

でも、飲むのは半年に1回程度になりました。

毎週遅くまで、時には朝まで飲み歩いていた頃が懐かしい。

 

今日はなんでわたしがお酒を飲まなくなったのか、少し考えてみました。

 

まあ一言で言うと、ああいう大人になりたくないなって思ったんですね。だから飲まないっていうのは極端な話なんですけど。

大人になって、酒を飲んで飲んで飲みまくって、夜中げらげら笑いながらいいだけ騒ぎ、眠気に襲われ家にたどり着けないまま朝を迎える。

 

こんな大人にはなりたくないなって、思いました。

ダサすぎる。いい大人が何をしているんだろうって。

 

どれだけ大好きな人たちとの数年に一度の再会だろうが、日頃の鬱憤が溜まってやってられないのかわかりませんが、そんな理由はどうでもよくて、

ただひたすらにみっともなくて、節度のない姿がとてつもなくカッコ悪い。

 

いいんですよしても、別に、

でも、わたしには、人間として尊敬できる姿には到底思えないんです。

普段は、こんな奴は思考停止しているのと同じ、自分の人生ちゃんと考えて生きてる?なんて他人のこと言ってますけど、いくらすごい人でも、そんな姿見ちゃったら、節度ない大人の方がよっぽど頭大丈夫?って思いますね。

 

こんな人たちって、家庭を持ってたり、どこかで危機が訪れても、自分の楽しみしか考えてないんだろうなあって、未来が見えて。

状況が違うなんて言うかもしれないけど、そんなの心の奥底にある気持ちは簡単に変わらない。自分の「楽しい」を、ずっと追いかけていたいだけ。

 

 

”大切な人を大事にしたいなら、常に節度ある態度をとれ。

飲み歩くことを否定してるんじゃない、この時間まで出歩かなきゃいけなかったのかを考えろ。

あなたはそれを望んでいなくても、帰りを心配して夜も眠れないくらい、帰りを待っている人だっている。一緒に生活し、一緒に暮らしているとはそういうことだ。いつだって、誰だって、心のどこかで気にしてくれてるんだよ。

あまりにも楽しい目の前だけをまっすぐ見すぎて、あなたを見てくれて、想ってくれて、心配してくれている人たちの心を、その瞬間は忘れてしまうのか。”

 

 

こうやって、たった一回の出来事かもしれないけど、大切な人をなくすんです。

 

家族も友達も恋人も、きっとみんな大切な人たちだけどさ、

大切な誰かを失ってまでほしい存在や時間ってなんなんだろう。

本当に馬鹿だなあと、思うんですよ。

どっちも大切にできないんかな。

こんな不安になって、モヤモヤして、何か悪いことが起こったんじゃないかって心配になって。

せめて、日が登る前に、最後はその寝顔を見届けて、一日の始まりを迎えたいと。

 

 

 

 

すんごい偉そうに言ってますけど、わたしもずっとこの気持ちがわからなかったんです。

なんでこんなに心配して連絡してくるんだろう。

別に迷惑かけてないのに、なんでこんなに怒られてるんだろう。

 

でも、玄関を入った瞬間、怒りでいっぱいの顔の中に垣間見える「帰ってきてよかった」と言わんばかりの安堵の表情を見て、わたしはもうこんな思いを誰にもさせないと、あの日決めました。

わたしに感情を持って言葉をかけてくれる人を、わたしは人生で一番大事にするべきだと思っているから。 

 

好きな人たちと楽しい時間を過ごすことに夢中になりすぎて、本当に自分を想ってくれている人を傷つけてしまった。

 

”別に朝までその人たちに付き合う必要ないじゃん、別の日にまた遊べばいいだけ。

そんなにその人たちと今日過ごすことが大事なの?今この時間、その過ごし方が、お姉にとって、お姉の大事な人たちにとって、それが一番なの?家族の気持ちを差し置いてまで会うくらい大事な人たちなの?私たちの声は、今のお姉には何にも届かないんだね。

でも、もし、そうじゃなかったとしたら、少しでも早く帰ってきてね。お姉と一緒にお話したいよ。”

 

わたしの姿を見て、妹たちが飲み歩かない理由がよくわかりました。悪いお手本をしてしまったと本当に反省しています。

 

家族って、家に帰れば必ずいます。

だから、今日くらいはいいじゃんって思ってたんです。

だって、いつでも会えるから。

 

でも、その”いつでも”って、なんなんですかね。

"いつでも"に、いつ最後が来るか分からないのに。

そうやって大事な人の気持ちを考えず、いつでもどうにでもなるからって、後回しにしてもいいんですかね。

仕事とかは、「いつでもいいやつは後回し」なんて、それでいいかもしれないけど、人の気持ちを後回しにするって、本当にひどいことをしてた。

その瞬間、わたしの行動で傷ついている人がいるなら、わたしは自分の楽しさを抑えても悲しみを減らす努力をするべきだった。

それが、わたしの幸せなんだよなあって、

 

だから、わたしは、節度のない人が大嫌いです。

遅くても真っ暗なうちに帰りたいし、帰ってきて欲しい。

それが、「帰る」ってことだと思うから。

大事な人の帰りを待つって、ワクワクを通り越すとこんなに胸がざわざわしたり、痛むものなんだって、心あたりのある人はちょっと考えてみてほしいです。

 

なんかね、共同生活って本当に家族なんだなあって、この気持ちを体験してから思うようになりました。

だって、どうでもいい人の帰りに一喜一憂なんてしてられないもん。

 

 

若かりし頃の、わたしの体験談でした。

大学生はシェアハウスに住めって簡単に言うけどさ。

f:id:tsushimamiyuki:20180115140537j:plain

こんにちはつしま(@NKGycCnnFqGmJyk)です。

 

先日一緒に住んでいるGJ(@UnPetitEspritLi)がこんな記事を書いていました。

www.petityuto158.com

 

これだけ読めば、なんとまあ素晴らしい経験ができる場所なんでしょう!

と思ってしまいますよね。

 

ですが現実はそんなことありません。

『GJのキレイゴト』なんてキレイゴトでしかないんです!!!

わたしの話を聞いてください。

 

 

f:id:tsushimamiyuki:20180115134147p:plain

 

はい、GJはこんなこと言っています。

ですが現実はこちら。

 

GJ「つしまさん武道館行こう」

私「嫌だ」

GJ「つしまさん武道館行こう」

私「いやだ」

GJ「ねえつしまさん武道館行こう」

私「イヤだ」

GJ「ねえねえ、つしまさん武道館行こう」

私「い・や・だ」

 

〜しばらくして〜

 

GJ「ねっ、つしまさん、武道館行こう」

私「・・・」

 

行くまで一生言うんだろうなあと思い、渋々行くことにしました。

いやいや行くことになったってわたしも楽しくないし、帰りたいオーラ全開のわたしといたってイヤな気持ちになるだけなのに、GJは連れて行こうとします。

当然武道館に行ったって、ふてくされているわたしの相手に一生懸命で全然トレーニングどころじゃありません。

 

それでもGJはめげないし、心なしか楽しそうでした。

 

最後の最後までわたしはブツブツと文句を言っていましたが、なんだかスッキリした気持ちになっているのでした。

 

GJ「今日久々に体動かしてみてどうだった??」

 

帰ってきてからこればかり問うGJ。

 

私「えー別になんともない」

 

 

心の中で『たまには武道館に行くのもいいかも』なんて思ってしまったのはGJには秘密です。

 

本当にイヤで断っても、今回のように(結構よくある)断れないくらいしつこいやつもいますが、最後はこれでよかったかな、って。

 

はい、共同生活は楽しいですよ。

 

つしまでした。

よかったらリバ邸ひろさきに遊びにきてね!

『愛』と『別れ』

f:id:tsushimamiyuki:20180104181740j:plain

いま自分のなかで、最もタイムリーな話題で、自分の親世代に届いてほしいと心から思うことだ。

 

わたしはまだ結婚していない。

結婚したことがない。

どれほど幸せで、どれほど楽しく、どれほど大変で、どれほどつらいか、まだわからない。

 

だから、わたしは何も言えない。口出しすることはないしできない。

でも正直、大人たちの離婚するだのしないだのって、見てて耐えられない。

くだらなすぎる。

嫌なら別れればいい。

体裁がどうであれ、世間体がどうであれ、子供がどうであれ、『親』ではなく『夫婦』としていられなくなってしまったなら、別れればいい。

 

人間なんて、生涯ずっと添い続けられるほど、分かり合える方がおかしいのです。

必ずどちらかが我慢していたり、それ以上に愛があるかのどちらかでしかない。

 

結婚したからって、赤の他人同士が寄り添ってるってことは、お付き合いしているのと何ら変わりないこと。

 

どうして、結婚していないわたしたちは、いとも簡単にパートナーを変えることができて、結婚している人たちは、できないんだろう。

そんなことがあるわけないと、わたしは思います。

それが悪いことにしてしまった世間が悪い。

 

でもね、何が言いたいかっていうと、

人間いつだれに心を奪われるか分からないんです。

いつ、今好きな人に『愛する』感情が芽生えなくなるかなんて分からないんです。

 

だからこそ、今好きな人の隣に寄り添える時間は、好きな人の為だけに使ってほしい。

今、好きな人との間に『愛』を感じているならば、どうか、わき見をせず、ひたすらに好きな人をまっすぐ見つめてほしい。

 

いつどこで、なにがきっかけで、愛がねじれるか、誰にも分らないから。

でも今この瞬間の想いは変わらない。

そして、愛のすれ違いは、『愛』の生まれるところに原因があるとは限らない。

たった一言、口走ってしまった。

たった一言、嘘をついた。

たった一回、過ちを犯してしまった。

何が切れ目になるか、だれも分からないのです。

 

結婚を難しく考えることも無ければ、離婚を悪いことだと考えることもないのです。

 

「こども」は、いつまでもお父さんのこどもで、お母さんのこどもです。

離れ離れになっても、いつまでもわたしたち「こども」のお母さんとお父さんであることには変わらないから。

 どうか、「こども」の存在が、あなたの人生の選択の妨げになりませんように。

 

わたしは、それを祈るばかりです。

『先生』

f:id:tsushimamiyuki:20180104112642j:plain

高校3年生。

夏も終わり過ごしやすくなった9月。

みんな表には出さずとも、受験に向けて必死に勉強している様子が、いやでも伝わってくるような、そんな時期でした。

 

ある日、受験の気晴らしにと英語でグループ授業がありました。

英語と言ったら、物理に続いて苦手な教科で、いくら勉強しても好きになれず、点数も伸びない教科。

 

6人1グループで、クラスの前で発表しあい、一番良かったグループが先生によって選ばれるというもの。

わたしたちの班は、東大合格も夢じゃないくらい(実際に東大に合格した)頭のいい女の子がいたおかげで、無事、というか当たり前のように一番優秀な班として、選ばれました。

 

そして授業の最後に、先生はわたしたちの班のメンバーに、順位をつけると言い出した。

わたしは学年でビリ付近をうろつくほどの頭の悪さで、それをクラスのみんなの前で言われるのはすごく嫌だった。

でも、今回は自分も頑張ったし、もしかしたら、ビリじゃないかも。

 

そんなことを思いながら、先生は順番に班内の子たちの名前を呼んでいました。

下位からの発表だし、すぐ名前を呼ばれるだろう。

ドキドキしながら待っていると、気付いた頃には東大を目指している女の子とわたしだけ。

 

成績じゃなくて、わたしの頑張りを見てくれてたのかな。

そう考えると、苦手な英語も頑張ろうと思えるのでした。

 

そして、わたしと女の子の発表。

「一番優秀だったのは、もちろん○○。東大目指してるだけあるな。おめでとう!」

 

 

 

そうだよなあ・・・。

わたしなんか選ばれるわけないよね・・・。

 

 

 

最後に、ワーストの発表でガツンと言われるんだろうなあ。

またクラスの笑い者になる。

ビクビクしながら待っていると、わたしには一切触れられることなく、授業が終わった。

 

 

 

 

 

 

 

わたしは、先生の前では『空気』だった。

できないなりに頑張っても、『できない人はいないもの』として扱われた。

6人グループじゃなくて、最初からわたしのグループだけ5人グループだった。

班員からも、クラスからも、学年からも、学校からも、ないものとして扱われているような気分だった。

 

その時、何がなんでも志望大学に入ってやろうと心に決め、目が覚めた。

 

 

 

 

 

 

これが今日の夢。

これがわたしの今年最初に見た夢。

こんなに後味の悪い夢を、わたしは何を想って、何を考えて、そして今の自分に何を伝えたくて、みた夢なんだろう。

 

 

 

思い出せば、ほんとに勉強のできない高校時代を過ごしてきました。

分からないからやる気も起きない。そんな感じ。

順位も、ほとんどずっと下の方でうろちょろしてました。

 

わたしの学力ではついていけない高校に入ってしまったと、何度悔やんでも悔やみきれないほど、後悔しました。

 

実際に、わたしには解けないだろうと、明らかに席順に答えを言わせる場面でいないもののように飛ばされたり、一時間中ひとりだけずっと立っていたこともありました。

 

そのくらいわたしは勉強ができなかった。

できる人だけがのびて、できない人が落ちていく。

そんな環境で勉強をすることが死ぬほど嫌だった。

 

担任の先生にも、

「つしまは志望の国立大学には入れないから、近くの私立を探しなさい。私立で県外なんてその学力で親に迷惑かけられないでしょ」

なんて言われたり。

 

それで火が付く性格だったから、なんとか、大学に入ることができたけれど、心のどこかでは相当根に持っているんだそう。

新年早々こんな夢を見るくらいにはね。

 

 

この経験もあり、中学校の勉強でつまづいたり、学校に行きたくない人の気持ちがよくわかる。

中学校までは分からなかった気持ちだ。

学校の先生よりも、絶対わたしの方がこどもたちの気持ちがよくわかる。

 

 

頭のいい人が、先生になるのは間違ってる。

頭のいいだけの人が、先生になってはだめだ。

 

 

結論そこ?って感じですけど、きっとここなんだろうと思います。

 

 

 

夢は一瞬で忘れてしまうけど、今の自分に必要なヒントが隠されている。

 

今日は高校の同窓会。先生方も来る大きなイベントらしい。

行かないことを悔やんでみた夢なのか、そんな思いをして過ごした高校時代の先生や仲間に会うもんかとみた夢なのか。

 

わたしにはわかりません。

でも、起きて最初に出てきたのは、「もう一回、大学受験したいな」という気持ちでした。

おしまい。

子どもと親の距離。

f:id:tsushimamiyuki:20171114105637p:plain

最近ママさんとお話しすることが増えたつしま(@NKGycCnnFqGmJyk)です_(._.)_ 

皆さん気にしているのが「子どもと過ごす時間」

確かに、子どもと過ごす時期や期間によって、子どもの寂しがり方とか親への愛が少しずつ違うんですね。

 絶妙だからこそ、真剣に向かっていかないといけない問題だと思っています。

f:id:tsushimamiyuki:20171114104852p:plain

「お母さんと一緒にいたい。」

そう思う時期に、どれだけ一緒にいてあげられるか。

 

「もうお母さんなんか知らない!」

つい反抗してしまいたくなる時期に、どれだけ距離をとってあげられるか。

 

「そういえば、そろそろ実家に帰ろうかな。お母さんに会いたいな。」

親元を離れた子どもに、大好きな手料理を出すことができるか。

 

一緒にいすぎると、親のありがたさや良さ、一緒にいられることの幸せは分からない。

ずっと離れ離れだと、お母さんと一緒に過ごす時間に、違和感を感じる日がくるかもしれない。

つい最近までは「お母さんと一緒にいたい」そう言っていたのに。

f:id:tsushimamiyuki:20171114104913p:plain

自分が子どもの時、「寂しい」と感じたことはありますか?

 

「寂しい」と感じたことのない人は、あえて子どもとの距離をとってみてください。

 

「寂しい」と感じた人は、それはいつでしたか?

その時期に、子どもと過ごす時間を大切にしてください。

 

仕事が忙しいかもしれない。

どうしても子どもに手が掛けられないかもしれない。

 

でも、

「お母さんと一緒にいたい」

そう言ってくれる時期は一瞬で終わります。

このタイミングがずれると、一生取り戻せない。

どうか、子どもと過ごす時間を、仕事なんかに奪われないように。

 

とは言っても、仕事は大事です。

生きていくためには稼がないとダメです。

でも、お腹を痛めて産んだ子に寄り添うことには、タイムリミットがある

 

これから子どもは何十年と生きていく中で、お母さんのことは一生必要とするかもしれない。

でも、お母さんと一緒にいる時間を必要とするのは、ほんの一瞬なんです。

その一瞬に、しっかり寄り添ってあげてほしい。

心のどこかで、大人になった今も、その頃に「寂しさ」を味わった人と味わっていない人では、差があると感じています。

良くも悪くも。

f:id:tsushimamiyuki:20171114104942p:plain

どんな親も、自分以上に子どもの幸せを願っています

その愛を、わたしは近すぎて自分の母から感じることができなかった。

他のお母さんのが子どもと接する姿を見て、「ああわたしもこうやって大事に育てられたんだな」と、やっと感じることができるようになったくらい。

実家を離れて半年経った今も、まだ母への感謝は数%しか出てきません。

 

そのことを、「子ども」の立場である時は忘れないように。

わたしのお母さんだって、おばあちゃんの「子ども」ですから。

f:id:tsushimamiyuki:20171114104958p:plain

「子どもが好き」

そんな理由で、子どもと触れ合えることには積極的に参加してきたつしまですが、最近「好き」だけではないと思うようになりました。

 

自分の小さい頃の姿を、その年の子に重ね、

お母さんと一緒にいられないこの子と、ずっと一緒にいたわたし。

何が違うんだろう。

わたしはひたすらその繰り返しをして、どこの過ごし方が間違っていたのか、合っていたのかを確認しているみたいです。

 

わたしの原因は、「ずっと一緒にいすぎたこと」

「お母さんに会いたい」と泣いたこともないし、「お母さんのことが好き」だと思ったこともない。

 

 

どう接すればいいか、いつ一緒にいてあげればいいか。

それくらいお母さんになった皆さんなら、よく分かっているはずです。

これだけは、仕事やら他の理由をつけずに、お母さんしかできないことをやってほしい。

 

子どもを含め、人生の優先順位は人それぞれですが、お腹を痛めて産んだ子と、より良い人生を送ってほしいと思います。

 

人生は一度きり。

後悔のない人生を。

 

 

つしまでした。

クレジットカード払いをおすすめする4つの理由。

f:id:tsushimamiyuki:20171112232342p:plain

最近少しずつクレジットカードの支払いにシフトしているつしま(@NKGycCnnFqGmJyk)です_(._.)_ 

「カードは怖い」と親に仕込まれてきたのですが、そんなことありませんでした。

 

f:id:tsushimamiyuki:20171112232330p:plain

わたしの周りの大学生は「クレジットカードを持っていない人」が多い

持っていないことが悪いことではありませんが、持っていないと不便であることも確かです。

こんなこと言っているわたしも、持ったのは1年前。

持っている方がわたしにとってはプラスでした。

f:id:tsushimamiyuki:20171112232407p:plain

小銭が出ない

最大のメリットはこれ。小銭が出ない。

買い物に行って小銭を探す時間も、パンパンに膨れ上がったお財布を持つことも無くなりました。

余分な小銭を貯金箱に貯めていましたが、それこそ余分なものですよね。

お財布も軽く、本当に快適です。

 

お会計が早い

「お会計○○円になります」

「一括でお願いします」

 「シャッ」「ありがとうございました〜」

 

とても良いです。お互いストレスなく一瞬で終わらせられます

 

家計簿代わりの存在

クレジットカードの明細=お会計の明細

自分がいつ何のためにお買い物してお金を使ったのか一発です。

1ヶ月の明細を見て、来月のお金の予定を立てられるのでおすすめです。 

 

ポイントが一箇所に貯まる

お財布がかさばる理由は、「ポイントカード」「レシート」「小銭」

クレジットカードはこの問題を解決してくれます。

 

小銭はさっき言った通り。

触れる機会が本当に減りました。

かさばるし重いし、減らすことができて良かったです。

 

レシートはカード明細でスッキリ

ネットで随時確認できるので、常にチェックできます。

 

ポイントも、クレジットカードで貯めた方がお得だと思います。

1年に1回行くか行かないかのお店のポイントカードを、ずっとお財布に入れておきますか?

この前、ポイントが貯まっていたので、3000円分ポイントで支払ったのですが、何よりも幸福度が高かったです( ´ ▽ ` )

毎日の支払いをクレジットカードにするだけで、「還元」を感じることができました。

(還元率に関しては本当にお得なのかわかりません・・・あくまで幸福度です)

f:id:tsushimamiyuki:20171112232434p:plain

よく「クレジットカードを使うのは、支払いを先延ばしにするため」と聞くことがあります。

(とても大きなお買い物をしたときの、分割払いとはまた別です。)

 

ですが、先延ばしにして払える人はどのくらいいるのでしょう・・・?

結構周りでは、「リボ払いにしちゃった・・・」という声をよく聞きます。

手数料を払うなんて本当にもったいない。

 

そして「払えないのが怖いから」「つい使いすぎちゃうから」といった理由で、クレジットカードから遠ざかっている人が多いような気がします。

 

わたしは、「お金がないのに買う」ことが理解できません

手元にあるお金分しか、クレジットカードも使いません。

わたしは一日のお会計をまとめて、切り上げて計算するようにしています。

5600円使ったとしたら、6000円寄せておく。

余裕のあるときは上乗せしておいたりして、カード支払いを楽しんでいます。

f:id:tsushimamiyuki:20171112232631p:plain

もうクレジットカードすら遅いと言われる時代に半分突っ込んでいるはずです。

 

スマホ一台で「ピッ」ってお会計を済ませられますしね・・・

でもまだクレジットカードじゃないと支払いができない時もあるので、一枚持っておいても良いかと思います。

 

カード会社によって、支払日が違ったり、いろんな機能がついているので、自分のお金の使い方や給料日に合わせて、使用金額なり使用方法を設定してみるといいですよ。

 

スマートなお支払いやお金との向き合い方で、生活の質をどんどん上げていきましょう。

 

つしまでした。

【受験勉強に身が入らない高3生へ】勉強したくないなら、無理して勉強しなくていいんだよ。

f:id:tsushimamiyuki:20171109000357p:plain

 つしま(@NKGycCnnFqGmJyk)です_(._.)_ 

 つしまは今、理工学部の4年生です。

 

高校3年生のちょうどこの時期、勉強したくなくて必死でした。

点数も伸びないし、勉強訳わかんないし。

  

あの時のわたしは「大学進学」の選択肢しかなく、「勉強するのみ」の道しか知らなかった

f:id:tsushimamiyuki:20171109154854p:plain

もしあの時、わたしが大学進学以外の道を知っていたら

 

嫌いな勉強から逃れられたかもしれない。

あんな辛い思いをしなくても、今頃社会人として、楽しい毎日を送っていられたかもしれない。

もしかしたら、もう結婚して家庭を持ち、赤ちゃんを産んでいたかもしれない。

f:id:tsushimamiyuki:20171109000850p:plain

だから、勉強したくないなら、しなくていい

目指している大学にそこまで魅力を感じていないから、勉強に身が入らないんです。

どうしても入りたい大学なら、嫌な勉強もするはず。 

大学に入るための手段が「勉強」なんだから、頑張れるはずなんです。

本当に大学に行きたいなら、知らないうちに勉強してます。

 

勉強したくないなら、勉強しない道を選べばいい。

人生はどこまでも続いています。

今は「絶対大学に入りたい!」と思わないから勉強する気が起きない。それだけです。

 

大学なんて、入りたくなったらまた目指せばいいのです。

大学に入ったとしても、嫌ならやめればいいのです。

 

もっと純粋に、「やりたいこと」を追いかけてみてください。 

高校生のうちに自分の「やりたいこと」と向き合えるのは、とっても素敵なことだと思いますよ。

 

 

f:id:tsushimamiyuki:20171109154155p:plain

正直、大学に入ってから「大学に入らない」道に何度も憧れました。

今も後悔していない訳ではありません。

わたしの「幸せ」を叶えるためには、違う道を歩むべきだった

 

でも、あの頃は辛かっけど、大学に入って良かったと思うこともあります。

 

「どうして大学に行きたいのか」

「本当に大学に行かなければいけないのか」

 

あなたの『幸せ』は、どの道の先にあると思いますか?

大学進学の先?それとも社会人の先?

他にもたくさん道はあるし、道は作れる。

 

今ならまだ考える時間があるはずです。

この問いに答えを出せたとしたら、きみは大学生よりも、社会人よりも、すごいかもしれないね。

この世のだれもが、今の「幸せ」が最高だと思っていないし、思っています。

 

ただ一つ言えるのは、「後悔しない人生を歩んでください」と言うこと。

今のあなたは、今しかない。

 

目先の勉強だけじゃなく、その先まで考えて、次に進む道を決められたらいいですね。

 

人生はマラソンと同じ。楽しみ方は人それぞれ。

 

みなさんの選択を応援しています。

 

 

つしまでした。