『エール』

f:id:tsushimamiyuki:20180319001538j:plain

わたしは今、4人でシェアハウスに住んでいます。

わたしにとって、この3人は大切な家族です。

わたしは、この3人が大好きです。

 

家族よりも家族みたいで、家族よりも大事に思う瞬間だってあるくらい、大事な家族です。

 

そんなわたしたちは、

誰かが怪我をしたら、みんなが駆け寄って手当てをします。

誰かが髪を切ったら、みんなも髪を切ります。

誰かがYouTubeを見たら、みんなもYouTubeを見ます。

誰かが買ったら、みんなも買います。

誰かが食べたら、みんなも食べます。

 

誰かが喜んだら、みんなで喜んで、

誰かが笑ったら、みんなも笑って、

誰かが悲しんだら、みんなも悲しんで、

誰かが怒ったら、みんなで怒りを沈めます。

 

 

 

あと、

 

 

誰かが頑張っていたら、みんなも一緒に頑張ります。

 

 

今、我が家の大黒柱、ちっちゃなGJが、また一歩、前に進もうとしています。

camp-fire.jp

 

毎日まいにち、先の見えない道であがきながら、時にはこれで良いのかと、悩んで手が止まってしまう日もありながら。

迷っているよりなら、と、少しずつ、少しずつ、形にしようと、頭を悩ませながら、ワクワクしながら、、、

そんなGJをわたしたちは一番近くで見てきました。

 

1作品出来るごとに、わたしたちに嬉しそうに見せびらかすGJを見て、本当に楽しいんだなあと。

そんな姿を見て、わたしたちはほっこりした気持ちになるのです。

 

わたしを始め、うちのみんなはGJの作品を見て居ても立っても居られず、フライングして商品に触らせてもらえました。(見本用の写真撮影のために借りました!)

f:id:tsushimamiyuki:20180318235157p:plain

 

自分たちがクラウドファンディングに挑戦したからこそわかる、毎日の不安や緊張と、支援メールの通知が鳴る喜び。

 

わたしたちメゾデは、GJの挑戦、そしてクラウドファンディングを応援しています。

 

どうか、GJの想いが一人でも多くの人に届きますように。

 

 

今はまだ、先の見えない真っ暗な道に佇んでいるかもしれないけど、GJの前に進もうとしている姿を見ると、彼にはその先の光がもう見えてきたんじゃないかって、思うときがあります。

 

GJの苦労も努力も、わたしたちにくれる、両手なんかじゃ収まりきらない優しさも温かさも、全部、全部、この作品を通して、この作品たちに袖を通して、そしてGJに恩返ししたいな。

 

わたしも、そんなGJの背中を見て、自分の光を見つけたくて、少しずつでも、間違ってもいいから、前に進もうと思えるよ。

 

「光」っていうのは、自分で切り開かないと見えてこなくて、でも、その光の筋は、みんなが広げてくれるものなのかなって、思うんだ。

 

小さな小さな一筋の光が、今道になろうとしてる。

消えちゃうかもしれないけど、細くても、弱くても、わたしはGJが見つけてきたこの「光」に、この先も光り続けてほしい。

 

わたしたちはずっとずっと、GJの大切な仲間だよ。

ずっとずっと、GJの大切なふぁみりーだよ!

 

GJ、突き進め!

f:id:tsushimamiyuki:20180318235649j:plain

 

 

わたしが応援しているGJのクラウドファンディングの詳細はこちらから ↓

camp-fire.jp