誰かたすけてください。

f:id:tsushimamiyuki:20170928215232j:plain

 

いらっしゃいませ、つしま(@NKGycCnnFqGmJyk)です_(._.)_

 

 

私事で申し訳ないのですが、早速ここで悲しいお知らせがあります。たすけてください。

 

 

 

 

 

 

 

わたしはここ2週間のうち3日ほど、青森県にある白神山地の奥地まで大学の調査に行っていたのですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虫刺されがひどすぎる。

 

 

 

 

 

 

山に行った人ほとんどの人が蚊に刺されていましたが、それにしてもひどい。

 

虫刺されのせいなのか、顔中のほてりが止まりません。

 

顔ももちろん刺され、今回はくちびるも刺されました。(こちらは幸運なことに1.5日で治りました)

 

わかりますか・・・?この腫れ具合。手を握っても、握り切れないのです。

f:id:tsushimamiyuki:20170928205120j:plain

 

手の甲は皮が薄いので、どんどん腫れが広がっていきます。

中指や薬指まで侵食されて、赤ちゃんの手みたいにぷよぷよになってしまいました。

f:id:tsushimamiyuki:20170928205155j:plain

 

何にも手が付かないくらいかゆいので、

だれかたすけて下さい!!!!!

 

 

ネットで調べてみた

 とりあえずなんでこんなに刺されるのか調べてみました。

 

そしたら、

GJがこんな記事を書いていた!!!!!
www.petityuto158.com

 

 

そのなかにちゃんと書かれてました。

 

刺されやすい人の特徴▼

  1. 血液型がO型の人
    蚊に刺されやすいタイプの人でO型の人の割合が高かったらしい(ちなみに刺されやすい順にO>B>AB>A型)

  2. 体温が高い人
    蚊は温かいものに寄ってくる性質がある

  3. 運動後、飲酒後、入浴後
    体温も上昇しており、また呼気に含まれている二酸化炭素や汗に含まれている乳酸に蚊が反応し引き寄せられる

  4. 妊娠中の人
    妊娠中の人妊娠期に人の呼吸は普段よりも2割程度増加し、呼気に多くの湿気と二酸化炭素が含まれる。蚊はそれらに食欲を刺激される

  5. 色黒の人、暗い色の服を着ている人
    蚊は暗い色を好んで寄ってくる

  6. ストレスがなく代謝が良い人
    蚊は人間がストレスを感じた時に出す物質を避ける

 

 

ふむふむ。

 

 

1.血液型がO型の人 👉 わたしO型 ◎

2.体温が高い人 👉 平均体温36.7~37.1℃ ◎

3.運動後、飲酒後、入浴後 👉 調査後汗だく ◎

4.妊娠中の人 👉 ではないと思っていますがわかりません △

5.色黒の人、暗い色の服を着ている人 👉 白いカッパをまといました ×

6.ストレスがなく代謝が良い人 👉 どちらとも言えません △

 

 

 どうやら、刺されにくいか刺されやすいかで比べたら、刺されやすい方みたいです。

 

それにしてもかゆいです。

 

 

 

 

 

 

 

めっちゃかゆいです。

 

 

 

 

 

 

 

虫刺されの対処法

f:id:tsushimamiyuki:20170928221002j:plain

 一応もう刺されてしまったので、どうすれば早く治せるのか、かゆみが収まるのか、対処法も見てみました。

 

  1. 蚊の発生源である水たまりをなくす
    蚊の幼虫は水の中で生息しているのでその発生源をなくす。園芸用の植木鉢の受け皿や、放置された空き瓶・ジョウロ、側溝や雨どいの詰まりなど、身近な水のたまり場所には気をつけましょう

  2. 虫除けスプレーを利用する
    肌を露出する場合には必須!スプレー式なら「医薬部外品」ではなく「医薬品」がよいとされている

  3. 長袖、長ズボンを着用する
    明るい色の服を着るとより効果的

  4. 蚊の存在に気がついたらテレビをつける
    蚊は温かいものに寄っていく性質があるので、テレビの発熱による温度上昇を利用する

  5. 扇風機を利用する
    蚊は飛ぶ力が弱いので、扇風機で強い風を起こして追い払う。またこの強い風は人間を感知する毛状感覚子の働きを混乱させる

  6. アロマの香りを広げる
    植物の香りがもつ「忌避効果(虫にとってのイヤな匂い)」を利用する。特に効果が高いのがゼラニウムとレモンユーカリの香り。酢も効果的

  7. 呑み残しのビールや炭酸水を置いておく
    蚊の二酸化炭素に寄っていくので、ビールや炭酸水に含まれる炭酸ガスを利用する

  8. 食事を見直す
    蚊は酸性の血液を好むので、肉や糖、脂肪に偏った食事を避ける。また蚊はパクチーやバジルなどの強い香りを避ける 

  9. なるべく靴下をはく
    蚊は特に足から発する匂いに敏感なため、靴下をはくと効果的

  10. お酒を控える
    飲酒をすると、アルコールを分解する過程で呼気の二酸化炭素量が増える上、呼吸数も増加するため、蚊に狙われやすくなる

 

 

なるほど。

 

 

雨降ってたから水たまりはたくさんあるし、山というか林の中は土どろどろで常に湿ってるし、 

 

長袖着ていても作業中はどうしても軍手脱いじゃうから手は無防備で、

 

手に虫よけスプレーしても汗で流れ落ちちゃうし、

 

蚊取り線香置いても蚊の数が多すぎて効き目弱いし、

 

もう何しても無理なんじゃないかと思ってしまって何回も諦めたんだけどでもやっぱりかゆくて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱりかゆい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虫のいるところに行かない

去年の夏は、東京の蚊に刺され、スニーカーはもちろんサンダルすら履けないくらい腫れ上がりました。

骨折したのかくらい、あり得ないくらい腫れました。

 

今はそのときに皮膚科からもらった塗り薬を塗っていますが、

逆に効き目が良すぎるのか熱を持ってすんばらしくかゆいです。

 

 

 

今回学んだことは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「虫のいるところに行かない。」

 

f:id:tsushimamiyuki:20170928215731j:plain