ありのままの自分になる

f:id:tsushimamiyuki:20180416203846j:plain

こんにちはつしまです。

 

先日、社会人1年目の目標は『1仕事1遊び』という記事を書きましたが、

 

tsushimat.hatenablog.com

 

今年、いやこれからのつしまは、『ありのままの人間になる』を目標にして生きたいと思います。

 

急に何を言っているんだという感じですが、わたしの中では今わたしが目指すべき姿を見つけることができたと、心がスッキリしています。

 

4月になって、社会人になって、学生の頃よりも時間がたくさんできました。

そしたら、やりたいことがたくさんできました。

 

でも、残念ながらお給料がまだまだ入らないので、やりたいを叶えるための資金がありません。

 

 

そこでわたしが行き着いた先が「生きるために必要なお金を最小限にする」こと。

 

 

それを叶えるためには、人間の最低ラインを知る必要があります。

 

ご飯は食べ過ぎているのか、それとも、これだと栄養が足りていないのか。

ここはお金をかけるべきなのか、それとも、かけなくていいところなのか。

睡眠時間は多すぎるのか、それとも、足りていないのか。

 

いろんな当たり前だと思っていたことを見直すと、ちょっと欲張って生きてたんじゃないかな?って、思うことが多々あったんです。

 

無臭よりは良い香りがいいけど、その強すぎる香りは今の自分に必要?

地味よりお洒落の方がいいけど、シンプルだとダメなの?

 

自分の身の丈を超えて必要以上に着飾って、その無理した姿を誰に見てほしいんだろう。

その姿で、誰に何を与えたいんだろう。

 

 

 

それがわからないんだったら、余分な飾りを全て取って、一回まっさらになってみようと思いました。

 

自分のあるべき姿と向き合ってみたいと思いました。

 

そうした方が、本当になりたい自分が出てくるような気がするんです。

本当に、物足りないと思うこと。これだけは譲れないと思うこと。

 

今は断片的に欲しいものを手に入れているだけで、トータルで見たときに、なりたい姿になっていないはず。

 

今、少しずつ、自分の飾りを剥いでいます。

自分のちょっとした変化を毎日感じるのが、楽しくて仕方ありません。

意外と睡眠時間が少なくても1日過ごせるし、やりたいことが溢れ出した途端、寝ている時間すら惜しくなったり、今生きていて一番楽しいかもしれません。

 

 

 

話を戻して、

「生きるために必要なお金を最小限にする」を目指すために今のわたしがやるべきことは、身につけてきた飾りを剥ぐことじゃないのかなと、そう思いました。

 

メイクを薄くしたり、

カラーやパーマをやめてみたり、

今シーズンしか着ないような服を買うのをやめてみたり、

必要以上に食べるのをやめてみたり。

 

これだけで、

「自分の姿」と「やりたいことをやるための資金」が同時に見えてきました。

 

今やりたいことは、 

1. 毎日必ず食べているヨーグルトを自分で作りたい

→ヨーグルトメーカーで作ってみたい

→ヨーグルトメーカーを手に入れるためのお金が必要

 

2. 朝起きて、白湯を飲むこと

→やかんがないので手に入れるためのお金が必要

 

3. ジムに通いたい

→ヨガや水泳も運動の一環としてやりたい

→通うためのお金が必要

 

この3つが最優先で叶えたいことです。

 

 

そして、この春から目標に向かって新しく始めることは、

1. 農業を始める

→おばあちゃんちの畑で修行することが決定

→野菜や果物を買うお金がいらなくなった

→食への不安がひとつ消えた(自給自足への第一歩)

 

2. 資格を取る

→お金と向き合うようになって、お金のことをもっと知りたいと思うように。

→その知識が自分のためにも、他の人のためにも役に立つようになってほしい

→資格という肩書きを身につける

 

3. 複業をする

→今の収入ではやりたいことを全部できずに終わってしまう

→単純に自分の力でお金を稼ぎたい

 

この3つに今年は特に力を入れていきたいと思います。

 

 

最終的に、ここに書いた「やりたいこと」「新しく始めること」の中からお金を生み出せたら今年の自分にはなまるをあげたいと思います。

 

まずは、自分と向き合うことから始めてみたいと思います!!

 

 

何を始めるにも初期費用が必要で、何を買うにもお金が必要で、お金の存在を嫌という程突きつけられているこの頃であります・・・。

 

(もしよかったら、こちらも見ていただけたら嬉しいです・・・↓)

 

以上つしまでした!